インストール

AS、ADHD、自閉症スペのアドバイスや愚痴を書いてます。

メモとらない方が仕事できる

メモとるのやめてみたら、前より仕事出来るようになってビックリした。

 

メモとる動作って

『相手の説明を聞く』

『相手の説明を理解する』

『相手の説明に追いつくようにメモを取る』

『確認や質問をしてメモの精度を高める』

『メモを確認、暗記して理解を深める』

『メモをしてあるのを思い出す』

 

って感じで細かく分けるとこのくらい動作があるんですよね。

 

一番メモとる上で良い方法は

『絶対に忘れそうなところ(要点)だけメモする』

 

なんですけど一番いい方法は

『実際に何回もやってみる』

って感じで『動作記憶』で覚えた方が割と早々と覚えられたりするんですよ。

 

『私(僕)言われた事すぐ忘れちゃうんですよ~』

とブログで言っている人だって、ブラインドタッチでそのブログ打っているわけじゃないですか。てことは暗記できるはずなんですよ。人より遅くても。

 

だから『実際に何回もやってみる』と覚えやすくなるんです。

その方法だとメモを忘れたとしても、条件反射で思い出せたりするんです。

 

掟上今日子の備忘録 という作品の中で主人公の今日子は毎日その日の記憶を忘れちゃうんです。だから体にその日あった記憶をマジックで書いとくんですね。消えないように。でもある時その文字を消されて、昨日の事が思い出せないんです。

だけど体の記憶が残っていて得意の推理能力で昨日の記憶を思い出した、という展開があります。

 

動作記憶は、多分運動神経の部分で記憶する能力に近い気がします。(推測)

出来ないことは脳が別の部分が補ってくれるんです。

自動改札で毎日何回も繰り返していると、だんだんと見ないで改札にICカードを押せるようになったり、見ないでも十円を財布の中から取り出せるようになったりします。

 

メモをする という行為は、その記憶する行為をしなくなるという事に近いです。

繰り返しその場でメモの内容を反復するように書いたり、読んだりするならそれは『学習』ですが。

 

私は昔、メモをしないで電話番号を押して覚えていました。多分『動作記憶』で覚えていたと思います。

 

今の事業所でも先方に配慮してもらいたい内容で『メモは最後にとるのでサボっていないので気にしないでほしい』と伝えてあります。そのせいか仕事を覚えるのがどの職場よりもはやくなりました。

 

昔からそうだったのですが『地図を見ながら目的地に向かう』という行為がとても苦手でした。どうしてかというと『方向がわからなくなる』からです。

私は地図と自分の今いる位置を連動させて動く事はできません。あくまでペルソナの画面やグーグルマップのように自分の目と体の記憶でしか目的地に向かえないんです。

その時は『私は感覚で物を覚えたりすることがニガテだ』と思っていました。

 

でも私は『地図を見ない時は簡単に目的地にたどり着ける』んです。

これは駅の案内標識も同じです。私は毎日のように駅の標識で迷っています。

なぜかというと『詳細に書きすぎていてどっちの方向が正しいのか理解できない』からです。(とにかく文字がニガテらしい)

 

つまり『感覚や動作で覚えるほうが得意』という事に他なりません。

 

昔は今よりも考えて生きようとしていたように思います。

電車の中でカバンを手にもって、脇において座って、目的地について降りる。

その時にカバンを車内に忘れる。考え事をしていて、カバンの感覚を忘れ去ってしまうためです。

 

今はちゃんとカバンを持っている時は、『手がカバンを持っているな』という感覚を持ちながら電車に乗っています。(まぁそれでも乗換がわからない時はありますが、ほぼほぼ少なくなりました)

 

感覚で生きるという事は悪い事ではないです。

私は感覚といいますか『動作記憶』を伸ばすようになってから、料理も出来るようになりました。

 

仕事で大事なのは仕事の概念を知ることではなく、実際に動いて働ける方が大事

いくら『こうした方が(自分は)仕事ができるようになった』といったり、概念を学んだところで実践して成功できなければ机の上のノートで落書きしているのと変わらないんですね。

 

音声タイプ⇒相手から説明されたりするとわかる。復唱が向いている

文字タイプ⇒文字で説明されるとわかる。メモが向いている

画像タイプ⇒絵や写真や図で説明されるとわかる。案内ややっている所を見せてもらう

動作タイプ⇒実際やってみるとわかる。真似が向いている

 

4種類くらい学習タイプがあります。

多分混合タイプの人もいると思いますのでその場合は該当の学習法を全部実践してみると良いと思います。

 

私は説明する人がほぼいない職場では、メモしたのを始業前に何回も見直して覚えようとしていました。その職場の先輩は『もしかしたらメモしないほうができるタイプかもしれないからメモしないでやってみれば?』と言っていました。

中卒の年下先輩だったんですが今でも尊敬している先輩です。ありがとう先輩。