インストール

AS、ADHD、自閉症スペのアドバイスや愚痴を書いてます。

今日は職場見学をしに行き、その帰りに彼の元に行った。

 

初職場見学ということで、担当の人と駅で待ち合わせて行くことになった。

遅刻をしないように1時間前について時間を潰していたら、ちょうど待ち合わせの10分前くらいに雨が降ってしまい、担当さんが来てから近くのコンビニでビニール傘を買う羽目になった。

朝9時に洗濯物を取り込んで正解だった。

 

職場にはだいたい5分くらいで着いたと思う。雰囲気的には白くて明るいところだった。

アクセサリー工房もあるためか、利用者さんの作品が応接間に飾られている。

 

面接の方の話によると、A型事業所というのは一般企業の障害枠求人に募集するための待機所 とか 一般企業で務まらなかった障害者さんの受け皿

 

といった感じ。

 

基本は零細企業(代表の方はゼロサイと言ってたがレイサイという)中心の雇用を目指す形。

零細企業とは政府の補助金があってなりたつ、言い方が悪いが赤字経営の会社。

0メートル地点より低い0.0何パーセントの度合いの仕事を0メートル地点まで引き上げていきましょう、というかんじ。

 

実入りのある仕事が入れたいけれど、利用者の負担やレベルを見ると無理そうなのでレベル上げしないが、実際はもう少し仕事のレベルをあげたいそうだ。

 

10時から15時で土日休み祝日出勤。

たまに土日出勤。

有給がある。

交通費はないが会社から外への移動費は出る。

 

約1年間以上は無遅刻無欠勤の勤続をする。

理由は苦手な特性を事前に知らないで、焦って一般企業に送った利用者がどの人も早期退職しているためらしい。

時期尚早を防ぐためらしい。

 

基本仕事以外の私語はしない。

早期退職をしたという利用者はどの人も人間関係でやめているのだけど…(会話の練習にならないような気がする)

 

見学させてもらったけれど、少し高度に感じた。ショートカットキーを使いこなす利用者を見て、『これよりレベルの高い仕事を求めている会社って一体…?』と感じた。

 

見学→仕事体験→面接→採用(資格郵送)→勤務

 

といった流れ。

 

ここで注意したいのが

面接=採用 ではないということ。

 

定型では当たり前のルールだけど、障害者なので違うだろうと思っていた。

 

でもだいたいの理由が労働の目的のマッチングと精神状態、勤務態度が合否を分けているらしい。

 

また明日も見学だ。

 

 

見学が終わって駅で担当さんと別れてから、私は彼のもとへ行った。

少し見学の事とか近況を話して、近所で食事をとった。なんか彼は眠そうだった。

 

自分的に特性で関連づけているせいで、彼が私に冷めていると思っているのか

本当に冷めているのかわからなかった。

 

前よりは質疑応答は出来て、会話にはなっていたが。

 

また金土か、来週金曜会おうと言われた。

帰ってから確認したら5日にゾフで注文したクリアサングラスをうけとりに行く日だった。土曜に祖母の施設に行かないか、来週の金曜に行く事になった。

 

(クリアサングラスとは透明なのに特殊なフィルムのおかげでメガネにしか見えないサングラスだ。メガネにしか見えないのに紫外線は通さないでくれるらしい。

私は➕3000円で自分のメガネをクリアサングラスにかえるよう注文した。)

 

彼は別れ際、『ストーカーになっても俺は嫌いにならないよ。好きだよ』と言っていた。

本当なら嬉しいけれど、違う気もする。

私は景品の水耕栽培セットを持って、商店街を歩きながら、見学した会社の最寄駅にいた170cmの綺麗な女の人みたいな人なら彼はめちゃくちゃ好きになるんだろうなーと何の根拠もなく思った。