読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インストール

AS、ADHD、自閉症スペのアドバイスや愚痴を書いてます。

電話。

『ごめんなさい問題』解決しました。

 

自信がなかったので私の携帯で母に代わりに喋ってもらいました。

あっちはというと別に喧嘩した気もしてない、とのこと。

 

横で耳をくっつけて聞いていたんですけど、彼は『そうなんですよね』ばかり呟いていて聞いていないみたいでした。

私の母には素直に『はいはい』と相槌打つのになんで私には打たないんだろう?って前は思っていました。実は彼は素直に相槌を打つ時の方がまともに話を聞こうとしてないと言っていました。

 

「何言ってた?」と電話を切った母に言うと少しあぜんとした様子で

「アンタ(私)が綺麗な人と付き合いたいんでしょう?ってメモで書いて見せたのを言った時に、あっちが嫌いな人とは暮らせないって言ってたのになんでそれがわからないのかなぁ~・・・・ま、いっか!!って言ったの。その切り替えの早さにゾッとした」

それを聞いて私も何だか得体の知れないものを感じてしまいました。

今でも彼のこういうところが不気味だと思ってしまいます。

 

最初に彼とお会いした時もどこか人とは違う『雰囲気』みたいなものを感じました。

なんというか、彼の視線が私を呼んでいるような纏わりついてくる空気みたいなものがあってこちらの様子を伺っているような。かといって圧迫感があるわけでもなく、底知れない洞穴をのぞく時のような暗い雰囲気でした。

 

簡単に言うと『狂人なんじゃね?』って感じの雰囲気の人です。

 

あとでむずむずと気になってしまい、彼に電話をかけてみました。

前よりはちゃんとお話出来ているなと思ってすごく嬉しかったです。

でも『ごめんなさい』と言わなかったのが問題だったわけじゃないそうです。

私は謝るようなことはしてない。彼の話をただただ聞いてなかった、らしい。

前からこういう事言う所が気難しいと思ってました。

おまけに掘り下げて聞いてみると所々話も忘れているし。

 

彼は『十分話しているつもり』らしい。いや、足りないから。

足りな過ぎて『策士なのかな?』みたいな雰囲気しか醸し出してない。

いちいち『含みがあるように見える』んですよね。

前私が話が下手過ぎて結果ウソや駆け引きが上手い人っぽく見えたのか、『意識しないでその会話をしているならある意味才能があるな』みたいな事を言ってたんですけれど、私はオマエモナーって感じです。

下手過ぎると人に誤解されるんですよ、まじで。

 

そのあとは私は『そうなんだ』とか『そうなんだ、〇〇なんだ』とか繰り返しているだけだったけど、いつもより数百倍密度の濃い会話が出来たなって嬉しかったです。

 

定型風の話し方で『そうなんですか』や『そうなんだ、〇〇なんだ』とか質問を質問で返すっていう話し方をするというのを今練習しているんですけど、これの方がよっぽど楽。

よっぽど私の中では駆け引きです。

発達の『辞書まるごと覚えちゃいますよ作戦』ははっきり言って途方もない。

本来なら意識して

『ああ、〇〇ちゃん今ごめんって言ったな。こういう時も言っていいんだな』とか

『ごめんって気軽に使ってもいいものなんだな』とか

『そうなんだ、〇〇なんだって言うと相手にも安心感が与えられるし、

自分自身が会話を忘れやすいから復唱にもなっていいな』

って日々生活の中から覚えて何十年と練習していくものなんですけどね。

 

発達的な考え方で見ていると『ウソつき』みたく見えるけれど、『多めに見てもらいたいなら相手も多めに見る』みたいな『許し合い』『助け合い』なのかなと今では思っています。

 

「私は誰でも助ける!誰も利用しない!」みたいな考えでも確かにいいけれど、それってある意味「チームプレイじゃない」というか。

いっぱいいっぱいになっても何も言わなければ、相手は「何も言わないなー平気なんだなー」って思って結局私が「もう限界だ!!」とぶち切れるのはウソをつくより愚か。

 

相手に「もう限界だ!」と思わせてしまうのも悲しいな。

 

『そうなんだ』だったら相槌だけだから『ウソ』にはならないから嬉しい。

 

彼と話していて解決の糸口が見えて来た気がしました。

もしかしたらもっと練習すれば彼と前より仲良くできるのかもしれないです。