読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インストール

AS、ADHD、自閉症スペのアドバイスや愚痴を書いてます。

語尾を強める

ADHD アスペルガー 自閉症スペクトラム 分析 インストール

昨日は深夜0時~2時まで母と声に対するコンプレックスについて語っていました。

 

母は男性に間違えられる声らしく、私は小学生に間違えられる声です。

発達障害の方は定型発達の方より幼く見えるそうです。

 

アイコンタクトが出来ない

間延びした話し方

耳のせいか声の調節が出来ない

状況に応じた話し方が出来ない

 

私は上記のような特徴があるようです。

 

31歳になった今でも、電話の営業の方が

『お父様とお母様はいらっしゃいますか?』

『いつお戻りになられますか?』と伺ってきます。

 

 

最初は『さすがに冗談だろう』と思っていましたが、電話応対が少しだけ出来るようになった中学から今まで変わらない応対でした。

最近はやっと『奥様でいらっしゃいますか?』と一言添えてくれる営業さんも出てきてくれたので、少しは社会性が磨かれたのかもしれません。

 

声のせいで私が失ってきたものは計りしれません。

信用、恋、仕事、友情。

 

 

私は声がとても高いらしいのですが、脳の関係で自分の声が低く聴こえます。

なのであまり高い声を出せないように口を開かないで話すようにしていました。

それがまた舌っ足らずに聴こえてしまい、舐められたり、ぶりっ子だと思われたりやる気がないと捉えられたり、理解していないと思われてしまったり・・・。

 

喧嘩になって私が怒鳴ると、相手の方が逆切れしてしまうような。

本当は私が怒りたいのに話にならないという事も多々ありました。

 

 

みんな私の声を聞いているだけでキレてしまうんです。

信じられますか?

これは思い込みではなく、母親にも、友人にも、恋人にも、同僚にも

同じ対応をされたので間違いありません。

 

同じ内容を話しても黙って話を聞いてもらえる人

同じ内容を話してもうるさいと恫喝されてしまう人

 

 

実は『語尾の弱さ』が原因だとわかりました。

 

 

一般的な定型発達の場合、怒った時言い出しを強めます。

冷静に話している時は、語尾を強めて話します。

 

私は怒っていない時にも、言い出しを強めて話します。

冷静に話している時に、語尾を弱めます。

 

母曰く、これは『説得力のない話し方』だと言っていました。

 

 

語尾がはっきり聞こえないと、『はい』が『はぁ』にしか聴こえないんです。

『へぁ』に聴こえる場合もあります。

『分かりました』が『わかりまぁ』

『そうですか』が『そうで~』

 

人は話の内容の前に『声の出し方』も見ています。

定型発達の人は『言葉の裏を読もうとする』ため、微妙な言葉のニュアンスを

『声の出し方』で判断するらしいです。

 

 

仕事が出来ていれば、そんなの関係ない という人もいるでしょう。

そうでしょうか?

私の話し方で目の前の人が眠るのを何度も目にしています。

喧嘩を売っていないのに、勘違いする人もたくさん見ています。

仕事をちゃんとしているのに、やっていない人より仕事がのろくてやっていないと思われます。

 

 

もちろん、『返事だけ元気』というのはよくないと思います。

 

だけど人はその語尾くらいの事で、『気持ち悪い』とか『とろい』とか『信用できない』とか勝手に判断するんです。

 

極端な例えですけれど、整形と同じです。

人間の顔は5ミリ御直しをしただけでも変わってしまうんです。

もとがブサイクだった人が5ミリ目が大きくなっただけでも、鼻が5ミリ小さくなっただけでも美人へと近づき好感度が上がるんです。

 

 

人間づきあいもその『5ミリずれている点を5ミリ軌道修正する作業』だと私は思います。

 

その第一歩が『語尾を強める』事だと思います。

 

 

私はつきあった彼氏に『声が気持ち悪い』と言われ、『声の醜形恐怖症』になっていました。だけど、『声の出し方が気持ち悪い』だけだったのかもしれません。

5ミリの違和感が他人にとってはとても気分が悪くなるものだったりするんです。

 

定型発達は言葉が足りなくても、察する能力に長けているので

わざわざ『すみませんが、あなたの声の出し方、特に語尾の発声法が弱いのが気持ち悪くなってしまうのでなおしていただけませんか?』とは言いません。

 

 

もっと詳しく言うと

『すみませんが、あなたの声の出し方は小学校低学年までの出し方のように見えてとても気持ちが悪くなってしまうので、悪いんですが年相応の語尾のはっきりした発声方法に修正していただけませんか?

そうすればあなたの話し方はどんな事を話しても極論ですが、説得力が増しますし

自然と努力が伝わり、好感度が上がっていくのであなたにも得です』

とわざわざ言いません。

 

定型発達にとってそれは『親切』ではなく『喧嘩を売ること』『絶縁状をたたきつけること』という定義だからです。

もしやる人がいたとしても『とても口が悪い』か『相手を気心が知れた親友』だと思っている場合や『話が通じる相手』と思っている場合です。

 

 

他にも色々と課題があると思いますが、親切な定型発達の方にアドバイスをもらうのがやっぱり一番だと思います。